デザインガラスのメリット~ガラス屋のオーダーメイドで作れるガラス~

ガラスが変われば雰囲気も変わります ガラスが変われば雰囲気も変わります

空間をおしゃれに演出する「デザインガラス」の魅力

ガラス

経営するお店の雰囲気をオシャレにしようとした場合、ガラスを替えるのは非常に効果的です。美しいデザインガラスは外から見る人の心を魅了し「入ってみようかな」という気にさせてくれます。また、種類も豊富です。ここでは、そんなデザインガラスの魅力についてお話しましょう。

デザインガラスってどんなもの?

デザインガラスとは、その名の通りデザイン性に富んだガラスです。装飾ガラスとも呼ばれており、絵画や彫刻、装飾などが施されています。具体的な例として、ステンドグラスやシャンデリアが当てはまります。基本的に、ガラス屋に依頼してオーダーメイドで作ってもらうことになるのですが、デザインガラスの中には屋内専用のガラスもあります。よって、ガラス屋にデザインガラスをオーダーする時は、どんな用途で使用するのかを相談すれば、スムーズにガラス選びができ交換作業も円滑になるでしょう。

デザインガラスに関する知識を身に付けよう

店内の雰囲気をおしゃれにしたいのですが、そのようなガラスはありますか?
もちろんあります。デザインガラスはお客様のセンスや遊び心をそのまま形にすることができます。例えばお店の中をムーディーなものにしたいのであれば色付きのガラスがおすすめです。ガラスから差す日光もガラスの色によって変わりますし、お店の雰囲気も無色透明のガラスよりおしゃれな雰囲気にすることができます。他にも、ステンドグラスを飾るというのも良いかもしれません。しかし、まずは相談をしてどんな雰囲気にしたいのかを話し合ってから決めましょう。

ガラス交換をするならガラス屋さんに相談しよう!

ガラス交換を行なう時は、まずガラス屋さんに希望するガラスや費用について相談しましょう。ガラス屋さんでは上記のようなデザインガラスの他にも防犯性の高いものや頑丈なものなど、様々な種類のガラスを取り扱っています。ここでは、そんなガラスの一部を紹介しています。

ガラス屋さんで取り扱っているガラスの種類

防犯ガラス
防犯ガラスとはその名の通り防犯性の高いガラスで、合わせガラスとも呼びます。強靭で厚いフィルム(中間膜)を板ガラス二枚で挟んだガラスであり、ガラス破りに対して強い効果を発揮します。近年の空き巣はピッキングよりもガラス破りを行なうことが多いので、鍵交換よりもガラス交換をしたほうがセキュリティ性が高くなることもあります。
強化ガラス
強化ガラスとは一般的な板ガラスをより固くしたガラスのことです。これは板ガラスを超高温で熱したあと、急速に冷やして表面に圧縮層を作り、耐久性を高めて固くしたものです。圧縮層の効果で従来のガラスに比べて5倍以上の強度を誇るのが特徴です。また、破片が粒状になるというのも特徴の一つであり、割れたガラスで指を切るといったリスクが軽減されます。
デザインガラス
デザインガラスは、防犯ガラスと同じく板ガラス二枚とフィルムの組み合わせで作ることもできます。そのフィルム内に和紙や多色プリントを挟み込んだり、エッチングという技術を用いて表面を削って絵を作るという手法で作ることができます。ですから、店舗などの雰囲気作りにはピッタリといえます。
TOPボタン